2005年7月29日
足をケガして保護されたカルガモの治療が終了したため、
都内某河川に放鳥しました。歩く際に多少引きずる後遺症
はあるものの、箱から勢いよく飛び出し、無事着水。元気に
泳いで行きました。